濱田ここねのプロフィール!家族や経歴と出演作品をご紹介

濱田ここねのプロフィール!家族や経歴と出演作品をご紹介 | Yajiuma-ride!

濱田ここねのプロフィール!家族や経歴と出演作品をご紹介

現在放送中のドラマ「わたしを離さないで」(TBS)にも、幼少期の主人公(鈴木梨央)の友人役として出演している濱田ここねちゃん。

2013年公開の映画「おしん」で主人公のしん役に選ばれて、その演技が高い評価を得ています。

春からの日本テレビ土9ドラマ、福士蒼汰さん×土屋太鳳さん主演『お迎えです』にも重要な役での出演が発表されました!

そこで今日は、濱田ここねちゃんのご家族や経歴、出演作品などを調べてみました!

スポンサーリンク

濱田ここねちゃんプロフィール

濱田ここねちゃん

生年月日 2004年3月31日(11歳)
出生地 宮崎県宮崎市
身長 142㎝
体重  36kg
職業 女優
活動期間 2007年-
事務所 ココジャパン
wikipedia および KOKONE HAMADA OFFICIAL WEB SITE 参照

オフィシャルサイトには、靴のサイズから首周り、肩幅、背丈、わたり ・・・・・・etcと細かく書いてあって驚きました!子役さんだと、その辺大事なんですかね?それとも、孫みたいな気持ちのシニアファンの方からお仕立てのプレゼントとかあるのかしら?? でも、今は11歳。すぐにサイズかわっちゃいうのでは、、と余計な心配しちゃいました(笑)
もうひとつ、所属事務所の名前が『ココ』ジャパンだったので、もしやここねちゃんの為に作られた事務所?と思ってしまったのですが、特にそういった記載もなく、これは考えすぎだったみたいです。

濱田ここねちゃんの経歴と出演作品

CM

Honda Cars宮崎
JAグループ宮崎 宮崎牛
JAバンク宮崎 (ちょきんぎょ)
宮交シティ
山形食品株式会社 山形つや姫玄米茶
モンデリーズ・ジャパン株式会社 キシリクリスタル

山形つや姫玄米茶CM(30秒ver)

3歳の頃から、CMに出演しているここねちゃん。芸歴8年!
でも、このあどけない感じが、わざとらしくなくて!これは芸歴がなせるものなのか、ここねちゃんのもって生まれた魅力なのか!
きっと、相乗効果なんでしょうね~。

映画・テレビドラマ・舞台

おしん(2013年)- 主演 谷村しん 役
タイガーマスク(2013年)
小川町セレナーデ(2014年) 小夜子(幼少期) 役

SMOKING GUN〜決定的証拠〜(2014年4月- 6月フジテレビ) 千代田くるみ 役
おそろし〜三島屋変調百物語 第4夜(2014年9月NHK BSプレミアム)お福(幼少期) 役
経世済民の男・第一部 高橋是清(2015年8月NHK)
ウルトラマンX 第17話(2015年11月 テレビ東京) – 相沢サクラ 役

赤毛のアン(2012年) ケイト 役

やはり、「おしん」を演じてから、ぐっとお仕事も増えているみたいですね。
映画『おしん』予告編


Youtube シネマトゥデイチャンネル

半年にわたる全国オーディションで約2500人の中から選ばれた、ここねちゃんの「おしん」は数々の賞を受賞しています。

第37回 山路ふみ子映画賞 第25回新人女優賞
第37回日本アカデミー賞 新人俳優賞
第68回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞
第27回イラン・イスファハーン青少年国際映画祭 最優秀青少年俳優賞

第37回日本アカデミー賞新人俳優賞の授賞者は、男女合わせて8名。
綾野剛、菅田将暉、星野源、吉岡竜輝、忽那汐里、黒木華、壇蜜、そしてここねちゃん。
すごいそうそうたる顔ぶれ!みなさん今や押しも押されぬトップスターばかりじゃないですか!!

この授賞式でのここねちゃんのスピーチが、このきらびやかな「大人」の人達の中で、1番素敵だったと当時、評判になった様です。壇蜜さんも「完璧」なスピーチと話題を呼びましたが、最後にマイクを持ったここねちゃんは、満面の笑顔で「こんばんは、濱田ここねです」と自己紹介。なんと自己紹介をきちんとしたのは、ここねゃんだけだったそうです。そして、

本当にこの賞をとれて、もう感謝でいっぱいです。これからもっともっと頑張っていきたいです。それで、皆さんに恩返しをしたいと思います。

としっかりとスピーチ。最後には

これからもよろしくおねげぇするッス

とおしんで締めたここねちゃん!
このサービス精神は会場を大いに盛り上げ、テレビで見ていた福山雅治さんも思わず「かわいいね~」と頬をゆるめたとか!小さい頃から、芸能界でのお仕事をしていてちょっぴりわがままになってしまう事があっても、ちっともおかしくないんだけど、ここみちゃんは、きちんと礼儀もサービス精神も持ち合わせているんですね。ご両親はもちろんの事、お仕事でめぐり合ってきた周りの大人にも恵まれていたという事でしょうか。
もって生まれたここみちゃんのオーラがそういった「いい」運や出会いを呼び寄せたのかもしれません。

スポンサーリンク


ここねちゃんのお父さんも芸能人

そんなここねちゃんのお父様は、地元宮崎県で活躍しているローカルスターの濱田詩朗(DJシロー)さん。
濱田詩朗さん
1995年にはバンド「NIHIL TENTION」でメジャーデビューもされているようですが、現在は主に宮崎県内でパーソナリティーをされています。
ここねちゃんパパ、濱田詩朗さんブログはこちら→ shiroのコアな部屋
ここねちゃんの事も書いてありましたよ!

そして一部で、同じ子役から活躍している濱田龍臣くんとは苗字が同じ事から兄妹では?という噂もあるようです。
濱田龍臣くん
確かに苗字だけではなくて、なんとなくやわらかい雰囲気の目元とか似ているように感じます。けれど、出身地が宮崎県と千葉県で離れていることから、これはあくまで噂だったようです。

いつか、兄妹役で共演とかがあったら、素敵ですね!

これからのここねちゃんが楽しみ!

「おしん」はもちろん、「わたしを離さないで」も、明るいテーマではなく、それだけに演技力も光ったのだと思いますが、次回作「お迎えデス。」はハートウォームなラブコメディ!ここねちゃん演じる「ゆずこ」はストーリーの中核を担う重要な役どころでありながら、「癒し」担当でもあり、原作漫画では毎回会社命令でなぞのコスプレをしちゃうかわいい女の子!
原作のゆずこ原作ゆずこ

その反面「外見は子供だけど中身は大人な死神の女性」という難しい設定もあり、明るくはじけてかわいいここねちゃんと、演技派女優、濱田ここねとどちらも楽しめる一粒で二度おいしい感じです!

このドラマをきっかけに、また新しいここねちゃんが生まれて、ますます活躍の幅が広がりそう!
楽しみです!

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

よかったらこちらの記事もお楽しみください!

『お迎えデス。』ネタバレ!あらすじと最終回ラスト結末を原作で予想!
『お迎えデス。』追加キャストを予想!ナベシマさんとゆずこは誰に?
『お迎えデス。』うさぎの着ぐるみの中は誰?公式Twitter意味深予告?
『お迎えデス。』 オリジナル設定が判明!追加キャストも発表!

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ!
こちらの記事もおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加