ザ・フライ今野のプロフィールと経歴!メンバーや受賞作もご紹介

ザ・フライ今野のプロフィールと経歴!メンバーや受賞作もご紹介 | Yajiuma-ride!

ザ・フライ今野のプロフィールと経歴!メンバーや受賞作もご紹介

お笑いユニット『ザ・フライ』の今野さんが、芸人としては初の快挙!第53回宣伝会議賞、グランプリを受賞したとニュースになっています。

宣伝会議賞といえば、糸井重里さんや林真理子さんも過去に受賞されている「コピーライターの登竜門」

お笑い芸人さんとしては、初めてお名前を聞いたのですが(ごめんなさい!!)今回のグランプリ受賞で、どんな方なのか、俄然気になりました。

今日は、そんな今野さんとザ・フライに注目!

スポンサーリンク

『ザ・フライ』メンバープロフィール

今野和人
ザ・フライ今野さん
生年月日 : 1984.12.7生まれ
出身地 : 東京都
サイズ : T173/B92/W77/H86/S27
学歴:国際基督教大学卒
趣味 : 読書(人文科学系全般)
特技 : 文学しりとり
血液型 : AB型
twitter:@thefly_konno

ザ・フライ井村さん
井村俊哉
生年月日 : 1984.9.10生まれ
出身地 : 茨城県
学歴 : 群馬大学卒
サイズ : T173cm/B91/W80/H90/S27
趣味 : 財務諸表を読む、決算資料を読む、経済番組・ニュースを見る、株主総会巡り、水泳、節約
特技 : デイトレード、長期投資、IPO、株主優待のタダ取り、簡単にできる金儲け
資格:中小企業診断士
所属:診断士協会三多摩支部、コンテンツビジネス研,ネットショップ研,活性研
血液型 : O型
twitter:@thefly_imura

ザ・フライ雨ちゃん
雨ちゃん(本名:雨宮龍也)
生年月日 : 1986.4.20生まれ
出身地 : 埼玉県
学歴:国際動物専門学校中退
サイズ : T168/B84/W79/H88/S27
趣味 : バイオリン・ゲーム
血液型 : B型
JINRIKISHA OFFICIAL WEBSITEより

ツッコミ担当の井村さんにボケ担当の雨ちゃんと今野さんの3人で、2009年に結成された『ザ・フライ』
2011の「キングオブコント」では準決勝にも進出しています。

本業よりも、異彩を放つザ・フライメンバー?!

本業は、お笑い芸人ですよね??と確認したくなっちゃいますが、

今回、宣言会議賞グランプリの今野さんも凄いんですけど、メンバーの井村さんは、以前から、『株長者芸人』の異名をお持ちの様で、
株式会社マネーフォワードの運営サイト『マネトク』で、
『株芸人ザ・フライ井村のカブトク!~1000万稼ぐお得な株テクニック~ (1)』
なんていう連載もされてます!

一方、雨ちゃんはツイッターも見つけられませんでした。けど、井村さんのアドバイスで、株でばっちりもうけちゃったりしている見たいです(笑)

そして、今回のメインパーソン!インテリ芸人の今野和人さん

趣味がしりとりと読書

思いっきり「文系」ですね!

読売新聞主催「本のフェス」で、ベストセラー作家、麒麟の田村裕さんらと『本のフェス 次世代の読書芸人』というトークイベントへの出演も決まっています。
本のフェス 次世代の読書芸人概要


スポンサーリンク


宣伝会議賞グランプリ作品

宣伝会議賞は、53年の歴史を持つ『広告表現のアイデアをキャッチフレーズまたはCM企画』の公募広告賞。
詳細はこちら

今野さんは、2年前にも応募していましたが、その時は1次敗退だったそうです。
今回、満を持して?応募した作品は、
「『JTBの旅行券』を大切な人へ贈りたくなる広告表現」という課題で応募した「親子篇」というタイトルのCM台本。

第53回宣伝会議賞、グランプリ受賞時の今野さんのツイート

総応募数46万7936点、ファイナリスト31作品の中から、グランプリに輝いた、今野さんの作品はこちらです!

「『JTBの旅行券』を大切な人へ贈りたくなる広告表現」
【親子】篇
父親がリビングにて寝転がってテレビを見ている。
娘が掃除機をかけながら父親の前まで来る。
娘「お父さん、そこ掃除するから」
父「ああ」
娘「旅行でも行ってきて」
父「え?」
(娘の手から父親の手に商品を手渡されるカット)
驚く父親を尻目に掃除機をかける娘
NA「大切なあのひとに、JTBの旅行券を贈ろう」

どこにでもある、父娘の日常の一コマに、さりげなく紛れ込ませた娘から父への贈り物。
ツンデレな娘さんと、ビックリ嬉し恥ずかしなお父さんの表情が目に浮かぶ様な台本ですね!

セリフの数やカット数から考えて、15秒CMなんだと思います。
CMは限られた時間の中で、見る人の心に残る物語を紡ぎ出さなければなりません。
短い会話に、効果的なカットを組み合わせた今野さんの作品は、このほんの数行で風景がきちんと目に浮かんできます。
日々、頭をしぼってネタを作り続けている「芸人脳」は、映像を言葉に変換する事に長けているんだろうなぁ。と素人ながらに思ったりしますが、意外にも「芸人」さんとしては初の受賞。
「受ける」台本と、「響く」台本は違うんでしょうかね?

参考:ファイナリスト31作品

今回の応募に際して、今野さんは『第53回宣伝会議賞 チャレンジブログ』にも参加しています。
受賞後の3/12に「グランプリ獲った後も、ずっと気になっている事柄」と題された今野さんの記事が乗っています。
その『ずっと気になっている事柄』とは、作中の娘さんのセリフ。

A.「お父さん、そこ掃除するから」

を、

B.「お父さん、そこいると邪魔だから」

と、どちらにするか気が狂うほど、考えたと暴露しています。
結局、A案を選んだ理由は、台本を声に出して読んだ時にB案の方が

「あざとさ」が鼻につくのが拭えなかった。

作り手の「ドヤ顔」が見えてしまうのが苦手

と言っていますが、感情の振り幅はBの方があると、グランプリを取った今になっても、どちらが良かったのか答は出ていないそうで、コメント欄で皆さんの意見を募集していましたので、興味の有る方はぜひ、コメントしてみてください。

個人的には、『作り手の「どや顔」が苦手』という今野さんの意見に、賛成派ではあるのですが、ハタと、「お笑い芸人」としてはそれってどーなの?と思わなくもないですし、かつて「娘」だった立場からすると、「邪魔だから」の方が、単純にリアルな気もします。

けれども、このセリフ一つに気が狂うほど悩んだ末に、柔らかい表現のA案を選んだのが、今野さんのお人柄であり、個性なんだと思います。

ザ・フライのネタ映像

最後に、ザ・フライのネタ映像をご紹介します。
ちょっと、昔のしか見つけられなかったのですが、なんだか、ほのぼのとしたネタで、先程、ご紹介した「ずっと気になっている事」ともリンクして今回の受賞作品を彷彿とさせてくれますよ!ほのぼのっていうのが、芸人さんにとって褒め言葉になるかはやっぱり微妙ですが、、、私は嫌いじゃあないです。(※あくまで、個人の感想です!)

2012年11月開催のSparkで行ったネタ映像

プロダクション人力舎チャンネル(ニコニコチャンネル)

それぞれが、得意な分野で活躍されている『ザ・フライ』ですが、今後は、本業のお笑いでも、その個性を生かした「オンリーワン」のネタで、お茶の間に温かい笑いを届けてほしいなーと思います!

最後までお読みいただきありがとうございます!よろしかったらこちらの記事もお楽しみください!
ギガスラッシュ!!マサルコはゲイ?経歴や相方と出演予定を紹介!
北見寛明(ベイビーギャング)彼女と家族は?モテ男の秘訣をご紹介!
小澤慎一朗(ピスタチオ)実家と私服はイケメン?解散の真相は?

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ!
こちらの記事もおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加