市川海老蔵さんの石川五右衛門がお茶の間にやってくる!

市川海老蔵さんの石川五右衛門がお茶の間にやってくる! | Yajiuma-ride!

市川海老蔵さんの石川五右衛門がお茶の間にやってくる!

平成21年8月に新橋演舞場で初演、その後平成24年6月には御園座で、平成27年には新橋演舞場「初春花形歌舞伎」で再演された 『石川五右衛門』が、主演脚本そのままに、連続時代劇としてドラマ化決定!

『石川五右衛門』は代々”市川團十郎”が演じてきた役柄ですが、海老蔵五右衛門は脚本の樹林伸氏と共に海老蔵さんが創り上げたNEW石川五右衛門!市川歌舞伎の代名詞?宙吊り装置等を屈して壮大なスケールで話題を呼びました。加えて、海老蔵さんの連ドラ主演は、2003年NHK大河「武蔵 MUSASHI」以来13年ぶり(市川新之助として出演)翌2004年に「市川海老蔵」を襲名してからは初。テレ東でのゴールデンタイム連ドラ枠も8年ぶり。テレビ東京の時代劇は東京12ch時代から『時代劇枠』として、名作を世に送り出している。と、どこの情報を切り取ってもワクワクします。

スポンサーリンク

海老蔵流、天下の大泥棒 石川五右衛門!

天下の大泥棒、日本のヒーローご存じ石川五右衛門。
「五右衛門風呂」でも有名な、釜ゆでの刑という壮絶な最期もドラマティックに、これまでも数々のメディアで取り上げられてきました。
しかし、その実体は実在の人物ではありますが、処刑の記録以外は明らかにはなっておらず、そんなところも「創作者」の心を擽るキャラクターなのかもしれません。

今回ドラマ化の原案ともなっている、海老蔵五右衛門は、時の関白、秀吉と家臣達が富を独占し、困窮を極める庶民の心の拠り所、「白波夜左衛門一座」のお頭。しかし夜の顔は悪事を働く大名や大商人の屋敷に忍び込んでは金目の物を盗み、貧しい庶民たちに金品を分け与える庶民の味方、ダークヒーロー。
秀吉の屋敷に忍び込み、お宝頂戴を企みますが、そこへ秀吉の側室茶々様や、家臣、石田三成らの思惑も絡んできて・・・・・・。
秀吉v.s.五右衛門を軸に、痛快アクション時代劇となっている様です!

『絶景かな、絶景かな!』

見栄きるシーンや、釜ゆででの大立ち回り等、歌舞伎にぴったりな五右衛門がテレビの中ではどんな活躍をしてくれるのか、楽しみです。

スポンサーリンク



初春花形歌舞伎「石川五右衛門」記者会見の模様などが見られる公式youtubeチャンネルには海老蔵さんの公式ブログからリンクがありますよ!
(この公式動画チャンネルは海老蔵ファミリーのオフ動画などもあって、サービス満点!です!)
市川海老蔵公式ブログ

番組情報

番 組 名 : 「石川五右衛門」
放  送 : 2016年放送予定
主  演 : 市川海老蔵
脚  本 : 樹林伸、渡辺雄介、森下直、大原久澄、山本むつみ
監  督 : 石原興、服部大二、井上昌典
製  作 : テレビ東京/松竹株式会社

テレビ東京HPより

放送開始日やその他のキャスト等、詳細情報はまだお預けの様ですが、既に撮影は始まっている様なので、春あたりにはお目にかかれるのでは?
続報を心待ちにしたいと思います。

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ!
こちらの記事もおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加