大田区花火大会2017の穴場スポット!駐車場やアクセス方法は?

大田区花火大会2017の穴場スポット!駐車場やアクセス方法は? | Yajiuma-ride!

大田区花火大会2017の穴場スポット!駐車場やアクセス方法は?

毎年8月15日に大田区六郷土手で行われる花火大会

大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」

この花火大会は、昭和59年8月15日の終戦記念日に、大田区が行った

世界の恒久平和と人類の永遠の繁栄を願い、平和都市宣言

を記念して、昭和62年から開催していて、今年で30回を迎えます。

多摩川の花火大会大会といえば、毎年8月の第3土曜日に、世田谷区と川崎市で同時開催される

・世田谷区たまがわ花火大会

・川崎市制記念多摩川花火大会

が有名ですが、8月15日に大田区六郷土手で行われるこの、「花火の祭典」は、お盆で比較的都内に人が少ない時期であったり、あまり宣伝もしていないので、比較的空いているけれど、花火はなかなか見ごたえがあり、おすすめです!

今日は、8月15日に開催される大田区の花火大会の穴場スポットや、近隣駐車場、アクセス方法などをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

大田区花火大会の概要

日時:平成29年8月15日 火曜日 
午後6時から午後8時10分(荒天時中止)

プログラム:

第1部 アトラクション
第2部 平和記念式典
第3部 花火打上げ(約6,000発) 午後7時30分から午後8時10分

会場:大田区西六郷四丁目地先(多摩川河川敷)

川崎側河川敷での観覧は、河川敷が狭く、視界も悪いため大変危険です。
川崎側での観覧はご遠慮ください。

交通

駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
自転車は指定駐輪場に停めてください。

電車

京浜急行線「六郷土手」駅から徒歩約5分
バス
(1)蒲田駅西口から東急バス「六郷土手」行きで「六郷土手」
下車徒歩約3分
(2)蒲田駅東口から京急バス「羽田車庫行き(六郷橋経由)」で
「 六郷橋」下車徒歩約7分

大田区HP参照


スポンサーリンク


大田区花火大会の穴場スポットは?

自分は、大田区で生まれ育ち、現在は川崎市在住なのですが、大田区在住の頃から、この花火大会は川崎側の河川敷から、観ていました。

単純に、川崎側の方が空いていたのと、大田区に住んでいるとはいえ、六郷土手に出るより、JRで川崎駅から歩いていった方が便利だったから。

花火を見た後に二次会的に行くお店も川崎の方が圧倒的におおいですからね〜。

しかし!知らなかったのですが、

先にご紹介した大田区HPの案内ページにしっかりと記載されている通り、

川崎側河川敷での観覧は、河川敷が狭く、視界も悪いため大変危険です。
川崎側での観覧はご遠慮ください。

となっています。

ただ、現実には、川崎側の河川敷からの観覧は年々増えていて、警備員や警察官も配備されています。

河川敷での花火大会で、対岸での観覧を禁止するというのは、非常に難しいですよね。

とはいえ、主催である大田区が禁止しているので、川崎側からの観覧は、あくまでも自己責任であるという事です。

そんな現状を踏まえての穴場スポットは、川崎駅西口にあるショッピングモール

「ラゾーナ川崎」です。

確か、2000年頃は、ラゾーナの駐車場から「偶然」よく見えた

という事に気づいた人たちが、勝手に駐車場に入って観ていたと記憶しているのですが、駐車場という性質上、これは大変危険です。

そこで、安全を考慮したラゾーナ川崎が、花火大会の間、4階の駐車場を利用禁止にした上で、花火大会を観覧する人に解放しれくれています。

あくまでも、ラゾーナ川崎のサービスですので、必ず実施される保証はありませんが、直接電話で確認したところ、今年で2017年も解放予定だそうです。(2017年も6月30日時点)

詳細が決まったら、HPでお知らせしれくれるそうですので、ぜひチェックしてみて下さい。

ラゾーナ川崎公式サイト


スポンサーリンク


駐車場やアクセス方法は?

大田区花火大会の駐車場は?

これも、大田区としては、用意していないので基本的に

公共交通機関での来場

を推奨しています。

花火大会当日は、交通規制も入りますので、大田区側に車で行く場合は、少し離れた場所に駐車しないといけないので、電車で行く方がいいと思います。

川崎側では、先ほどご紹介したラゾーナ川崎は花火の間は利用できませんが、近隣に時間利用の駐車場がたくさんあります。

いくつかご紹介しますね。

・ミューザ川崎シンフォニーホール

ラゾーナと同じ、川崎駅西口のランドマークです。

【昼間】7:00~24:00 100円 / 15分
【夜間】24:00~7:00 100円 / 60分

最大料金
【当日最大料金】平日 1,000円
※入庫当日24時までの最大料金
※48時間以上ご利用になる場合は、B1F駐車場管理室にて申請をお願い致します
【当日最大料金】土日祝 1,800円
※入庫当日24時までの最大料金
※48時間以上ご利用になる場合は、B1F駐車場管理室にて申請をお願い致します

近隣のラゾーナや川崎駅東口のルフロンや丸井の利用でも、サービス券が貰えます。

詳しくはこちらでご確認下さい。

パーキングナビ:ミューザ川崎駐車場

・リパーク川崎西口パーキング

詳細はこちらから 三井のリパーク


スポンサーリンク


大田区花火大会へのアクセス方法は?

大田区側六郷土手へのアクセスは大田区HPに案内のある

京浜急行線「六郷土手」駅から徒歩約5分
バス
(1)蒲田駅西口から東急バス「六郷土手」行きで「六郷土手」
下車徒歩約3分
(2)蒲田駅東口から京急バス「羽田車庫行き(六郷橋経由)」で
「 六郷橋」下車徒歩約7分

の他には、1つ前の京浜急行 雑色駅を利用するのも有りです。

20分くらい歩きますが、六郷土手より混雑が避けられます。

ラゾーナ川崎はJR川崎駅から直接、繋がっています。

JR川崎駅は、利用者に対して改札口が少なく、いつも混雑がしている印象ですが、6月18日から中央北口改札がオープンして、少し緩和されました。

毎年、終戦記念日に世界の平和を願って打ち上げられる花火は約6000発と、けして大規模な花火大会ではありませんが、羽田空港に近い事を考慮して、低めに打ち上げられる花火は、迫力があります!

大規模ではない分、ゆったりとした雰囲気もあり、お盆に平和を想って見上げる花火というのも、いいのではないでしょうか?

花火の刹那感をより味わう方法?として最後にお勧めするのは

京浜東北線北方行きに川崎駅から乗車して蒲田で降りる。

です。

京浜東北線北方行きは、打ち上げ会場に一番近い線路を走っています。

川崎駅を出てすぐなので、スピードもそんなに上がっていません。

とはいえ、走りずぎるその一瞬しか見られませんが、なんとなく自分はそんな花火も好きだったりします。

本日ご紹介した記事につきましては、あくまでも自分が、これまで大田区花火の祭典を見てきた経験からの情報です。

参考にしていただければ幸いですが、実際の観覧の際には、大田区の公式情報をご確認の上、自己責任で安全にたのしい花火観覧をしていただきますようお願い致します。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ!
こちらの記事もおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加