『お迎えデス。』ドラマ第2話ネタバレとあらすじ!結末を予想!

『お迎えデス。』ドラマ第2話ネタバレとあらすじ!結末を予想! | Yajiuma-ride!

『お迎えデス。』ドラマ第2話ネタバレとあらすじ!結末を予想!

ドラマ『お迎えデス。』1週遅れではありましたが、先週末から放送始まりましたね!

いろいろと衝撃的でな第1話でございました^^;
詳しくは、こちら→『お迎えデス。』ドラマ第1話ネタバレとあらすじ!結末を予想!
記事の最後に感想かいてあります。

原作とのギャップにとまどう部分は多いのですが、ドラマはドラマとして楽しみたいと思っています!

と言う事で!第2話のあらすじと原作から結末予想、いってみましょ~!

5/2第2話感想 追記しました!

スポンサーリンク

ドラマ第2話のあらすじと原作比較

ドラマのあらすじ(公式サイトより抜粋)

お迎えデス。第2話

今回のターゲットは、14歳の和弥(加部亜門)。彼は、心臓の病気で長く入院した末に亡くなった。
そんな和弥の心残りは、担当看護師・瑞江(比嘉愛未)との「退院したら病院の窓から見える観覧車に一緒に乗る」という約束。

幸の提案で、和弥が円に憑依して瑞江と観覧車に乗り約束を果たす事になるのだが、円が瑞江と二人きりで観覧車に乗るには、デートに誘わなきゃいけないけど、女心が全く理解できない円には至難の業。
尻込みする円に幸は、この仕事をやるなら円との交際について考えてもいいと言う。円は、自分なりに女心を研究し、あの手この手が瑞江に近付こうとするが…。

そして、和弥はもう一つ頼みごとをする。メッセージを書いた大きな垂れ幕を用意して、観覧車が一番高い所に着いた時、彼女に見せたいという。直接メッセージを伝えずに、なぜわざわざそんなことをしなければならないのか?

第1話予想の時に、公式ツイッターから発信されていた「観覧車」がキーワードのエピソードですね。

原作との違いは?

原作では、小学生の男の子でした。看護師さんは、勿論重要な役どころなんだけど、お名前とか出てきません。
そして、男の子≒男の子に憑依された円ちゃんが、一緒に観覧車に乗るのは看護師さんではなく、ゆずこです。

もはや違うお話といってもいい気すらしてきましたが(笑)第1話でもそうだった様に、原作のお話からストーリーの設定を持ってきてはいるけれど、展開がだいぶ違っていくっていうのがドラマの構成みたいですね。

『お迎え』のバイトを通して、人として成長していく円と幸のラブコメディーっていうのがメインのお話になっていくんだろうなー。
勿論原作でも、円ちゃんと阿熊が、「くっつくの?くっつかないの?」っていう楽しみはあったけれど、なんかこう、「直球」じゃない雰囲気がいいんだけど(笑)

しかしドラマでは早くも1話のラストで円ちゃんが幸に告白するという衝撃のシーン。イヤ本当に原作ファンからすると衝撃以外の何者でもないっすよ!

でもどうやら、この告白は純粋な恋心とかではない様子。

こちらの第2話30秒PR動画についていた説明文には

円(福士蒼汰)は突然、幸(土屋太鳳)に告白。一体何を考えているのか…。しかし、それは円が幸を好きになったからではなく、人生経験の少ない自分のステップアップのためにということだった。

とあります。

福士円ちゃん、いまんとこけっこうかわいくない!です(笑)

まぁそれはさておき、2話の結末はどうなるんでしょうか?


スポンサーリンク


第2話 結末予想

あらすじにあった、和弥君の頼み事「垂れ幕」に書かれる「メッセージとその意味」が明かになるってところが結末と考えていいと思うんですが、今回も「爆弾」しこんであるんでしょうかね(笑)

原作とちがって、看護師さんとは一緒に観覧車に乗っているので、大きな垂れ幕は病院の屋上から垂らすんですよね。これはナベシマさんとゆずこが担当かな?

シチュエーションは前々違うけど、原作でも最後はナベシマさんが看護師さんに男の子のメッセージを「粋」な行動で伝えます。

お迎えです。観覧車1

くわー!!かっこよすぎるよ!ナベシマさん!! 着ぐるみなしのナベシマさんってだけでマジイケメンなのに、サラッとこんな事やっちゃって!私が看護師さんだったら100%恋に落ちてます!

そして、添えられたメッセージは

見えました

お迎えです。観覧車2

この一言っていうのが、すっごく好き!余計な言葉は何にもない。それだけ切り取ってしまえば、ただ「見えた」という事実のみなんだけど、この「見えました」に真也君(原作では真也君です。)の気持ちがたくさん籠もっています。

何か想いを伝え様とする時に、少しでも多く、正しく、伝えたいと思うばかりにだらだらと言葉を並べてしまう私とは正反対。きっと、なんの飾りも打算もなく純粋な想いを伝えようと思ったら、余計な言葉っていらないんですよね。

そんな事を考えさせられたお話でした。

しかーし、ドラマでは「垂れ幕」なんていう大がかりなメッセージになっていますから、さすがに「みえました」は無いですよね。実際、一緒に観覧車乗っちゃってますし。

入院中、心を閉ざしてしまっていた男の子に、いつも明るく声をかけてくれていた看護師さんなんだけど、少年独特の「照れ」もあって生意気な事いったり、冷たくあしらっちゃったりしていたから。「ごめんなさい」もありだけど、ネガティブな言葉は持ってこないだろうなーと思うので、ここはベタなところで「ありがとう」かな~。

或いは思い切って「好きです!」的な告白とか?

男の子の淡い恋心に、理系カタブツ男子の福士円ちゃんが触発される感じの展開はありなんじゃないでしょうか!
ドラマでは看護師さん役が、ゲストの比嘉愛未さんです。観覧車に乗るのは「男の子≒男の子に憑依された円ちゃん」だけど、観覧車デートにこぎ着けるまでは、福士円ちゃん自身。

福士円ちゃんと看護師比嘉愛未さん

幸は指導をしつつもちょっと複雑な気持ちになっちゃったりするという「二人の恋」の要素がはいってくるんだろうなー。

因みに原作の円ちゃんは、なにげに女子の扱いスマートです!天然タラシです。ナベシマさんには負けますけど!

第2話 感想

※ ドラマ視聴後に追記します!

第2話感想追記

第2話リアルタイム視聴できませんでしたぁorz

予想はずれまくってましたが(笑)予想していたより、早めに副士円ちゃんがいい奴感出してきてます!
今回メインのお話は、オリジナル設定ながらうまく纏まってたんじゃないかなー。

毎回豪華ゲストだから、ゲストのお話をいろいろ盛っていかなきゃならないもんね。

ひとまず今回は、副士円ちゃんが「自分で考えて行動する」シーンが増えていたのが良かった。太凰ちゃんは変わらずカッコかわいかったし、「ナベシマさんLOVE」設定は生きていたのが、なによりでございました!
まるっきり子供のゆずこにはまだなじめませんが(笑)

1話完結エピソードと平行して進行していく「千里」の話が気になります。これこそまるっきりドラマオリジナル設定だからなー。千里が原作とまったく別人だから展開がぜんぜん読めない^^;ここに1課の人たちがいろいろと絡んでくるのは間違いなさそうですね。

そして、来週3話は原作で、私が大好きだった津田君と一色先生のエピソードがベースみたいだけど、これまた随分違う展開になりそうで、不安と期待が入り混じる複雑な心境。

円ちゃんの更なる成長を楽しみにしつつ待つ事にします!

最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ!
こちらの記事もおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加