『お迎えデス。』ドラマ第1話ネタバレとあらすじ!結末を予想!

『お迎えデス。』ドラマ第1話ネタバレとあらすじ!結末を予想! | Yajiuma-ride!

『お迎えデス。』ドラマ第1話ネタバレとあらすじ!結末を予想!

ドラマ『お迎えデス。』いよいよ、来週末4/16(土)から放送開始です!

ここにきて、続々と各種情報が解禁されてます!

まずは第1話のゲストキャスト発表

これに併せて、公式サイトでは第1話のあらすじとPR動画も公開されました。こちら

今回、ゲストキャストさんの発表をみて、お!これは原作の第1話と一緒だ!
と、思ったのだけど、公式サイトに公開された第1話の「Story」を読んでみたら、いろいろと違った設定になっていました。

その辺りを比較しつつ、第1話のエピソードの結末を予想してみたいと思います!

4/10追記しました。『第1話予想についてちょこっと追記』

第1話感想追記しました!

スポンサーリンク

ドラマ第1話のあらすじと原作比較

1話

ドラマのあらすじ(公式サイトより抜粋)

理系大学生の堤円は、高校時代の同級生・千里の訃報を聞き通夜に行った帰り道、ウサギの着ぐるみを着た人物と初老の男・陽造が取っ組み合いをしているのを目撃するが、非科学的なことをまったく信じない円は、そのまま通り過ぎようとする。しかしそこで、円はウサギに声を掛けられる。ウサギの中身は、死神のナベシマ。ゆずこという少女を連れていた。

ナベシマに、仕事を手伝ってほしいと頼まれるが円は幻覚と決めつけ無視する。

円が家に帰ると、ナベシマとゆずこが待っていた。円はいつの間にか、霊や死神が見える能力を身に着けていた。
ナベシマは円に、この世にさまよっている霊をあの世に送り届けることが自分の仕事だと説明。
円は、ナベシマとゆずこにつきまとわれるように。

円がナベシマとゆずこを連れて歩いていると、霊が見える能力を持ちナベシマの仕事を手伝っている同じ大学にかよう幸が現れる。ナベシマは円と幸に「これからコンビを組んでもらう」と一方的に宣言。円は幸に連れられて、仕事を手伝わされることになってしまう。

成仏させるターゲットは、結婚に大反対した為に音信不通になっていた娘、玲子のことで成仏出来ないでいる陽造。
反対の理由は、玲子の結婚相手、正道がフリーターで、さらに既に妊娠しているという事で激怒した。
玲子と正道を別れさせたいという陽造の願いを聞き、玲子の家を訪ねると言い出す幸。円と幸は、玲子に会いに行くが…。

えーっと、、いろいろ違っててびっくりしてます^^;


スポンサーリンク


まずは、円ちゃんが、クール!! so COOL!!!
最初から発表されていた円ちゃんの設定が、『感情希薄な理系オタク』となっていましたからね。『感情むき出しの猪突猛進女子』っていう設定の幸との対比を強調する為なんでしょうか。
公式サイトのPR動画で、既に幸から回し蹴りくらってる円ちゃんの映像がありました(笑)
円「ちゃん」とは呼べない感じかな~。

そして、千里のお通夜にいってます。この流れだと、円ちゃんが霊をみる事が出来るようになったのには千里が関係しているという感じですね~。ちなみに原作の第1話では、幸も千里も、まだ登場しません。

円ちゃんとナベシマさん出会いのシーンはそのまんまみたいですが、ゲストの伊東四朗さん演じる陽造さんの『成仏できない理由』原作と大分違います。

菅野美穂さん演じる、娘の玲子さんが心残りというのは同じなんですが、
「初孫の顔をみないと死んでも死にきれない!」
っていうお話。「結婚に反対」とか、「正道さんがフリーター」とかっていう設定はありませんでした。陽造さんの願いは「初孫に会いたい」という事。

ドラマでの「別れさせたい」というのとは真逆といってもいいですよね。

原作 第1話の展開

ナベシマさん達が見えるといっても、「死語の世界」とか、「あの世へ送る」と言う事が、どういう事なのかはわかってない円ちゃんなので、単純に「初孫に会えるまで待ってあげればいいんじゃないのか?って思うんだけど、それには「タイムリミット」があって、そのリミットまでに成仏できないと、「強制リセット」されてしまうのだという事を知ります。

「強制リセット」されると、「この世の記憶が全て消えてしまう」と言う事実をしった円ちゃんは、物陰からこっそり玲子さんの様子を伺っていた陽造さんや、子供の頃から叱ってくれてた近所のおっちゃんである陽造さんに想いを馳せ、陽造さんに自分の体を貸す事を決めます。

原作1

この時の円ちゃんは、「ナベシマさん達の仕事を手伝う」とか、「体を貸すとどうなっちゃうのか」なんていう事は考えてなくて、ただただ『孫の顔も、娘さんとの想い出もちゃんとあの世に持って行って欲しい』っていう気持ちなんだろうなぁ。

こうして無事に願いをかなえた陽造さんは成仏していきます。

こんな感じで原作では、ハートウォーミングなお話の中で、ナベシマさん達の正体や仕事なんかの説明と、円ちゃんの「能力」や「人柄」が紹介された感じでした。

ドラマ第1話の結末を予想

公式サイトで公開されているあらすじでは、ゲストキャストの人物設定(陽造さんの娘は玲子さんで妊娠中。お相手は正道さん)は同じだけど、展開が違う感じです。
そして、第1話の編集が終わった時の公式twitterでは、

と言ってます!

何度見ても、笑えて泣ける!

これは、原作も同じ!!

たぶん笑えるとこって、ナベシマさん絡みだと思うんですけど(笑)何度も泣けるって事は、結末は原作に近づくんじゃないかと思うんだけど、どうでしょう。

原作の結末

円ちゃんの体を借りて(憑依して)生まれたばかりの「初孫ちゃん(女の子)」のお顔を拝み想いを果たした陽造さんは、無事に「あの世」へと旅立ちます。

数日後、円ちゃんは、玲子さんご夫婦だけには、本当の事(自分に陽造さんが憑依していた事)を打ち明けます。そんな、「非現実的」な話を、自然と受け止めてくれる二人がとっても優しい表情してます。
「あ~そう言えばあの口調は・・・・・・。」
「見に来てくれてたんだね!」
ふふふ、と柔らかく微笑む玲子さんに円ちゃんが「名前は決めたんですか?」と問いかけると
二つに絞ったという玲子さんにどっちがいいと思う?と逆に質問されました。

「ふゆか」と「はるか」どっちがいいと思う?

ちょっとビックリ顔した円ちゃんが笑いを堪えて真面目な顔を作って答えたのは

原作2

―――「春の」「春の香り」に2票

設定はちょっと違うかも知れないけれど

離れていても、喧嘩してても、例え絶縁中だったとしても、なんだかちょっとシャクだけど!って思っても、親子の絆っていうか、シンパシーってなくならないんですよね。
親子だからこそ、反発しちゃって引くに引けなくって、そこにはお互いの甘えがあって。
見かねた周りの近しい人達が、ちょんと背中を押してくれたり、固まった心をほぐしてくれたり。そんなご「エン」が繋がって、人の生が受け継がれていくんだなー。

なんて、大げさになっちゃったけど、実はとってもシンプルな当たり前の事。当たり前すぎて見過ごしちゃったりしちゃう本当は大切な事。
そういう事に気付かせてくれる。「お迎えです。」はそういう物語だと思ってます。

第1話で、いきなり「感情希薄な理系オタク」っていう副士円ちゃんのキャラが変わる事はないと思うから、名前の件は、幸が陽造さんから託されるかもしれませんね!

第1話が原作とは違った展開で進んでも、最後の名前のエピソードは、はいっていて欲しいなーと思いつつ!4/16 第1話の放送を楽しみに待ちたいと思います!

第1話予想についてちょこっと追記

4/10の公式Twitterで

ってのがありました。

「観覧車」がキーワード。
これって、原作だと又違ったお話の時の重要なアイテムなんですよね。
余命わずかな男の子が入院している窓から見えていた遊園地の「観覧車」。この男の子は亡くなってしまっても鎖で繋がれて成仏できないでいます。
そんな男の子を観覧車に乗せてあげるエピソードが原作にあります。そのエピソードから「観覧車」のところだけ持ってくるのかな?
確かに、第1話にも「病院」シーンは出てくるんですよね。「死人」は「生の瞬間」に近づけないので、娘さんが出産する病院に陽造さんが近づけないってシーン。
ここに円ちゃんが颯爽と?現れて体を貸してあげるんだけど、、。この病院が男の子の病院と同じだとしたら、そこからも「観覧車」は見えるはずだから、
子供の頃の玲子さんと陽造さんの想い出シーンとか、或いは、「観覧車」から「お見送り」するとか?
いろいろと「妄想」は膨らみますが、実際にはどんな「大事なシーン」になるんでしょうね。

第1話 感想

※ ドラマ視聴後に追記します!

4/23追記

とうとうはじまりましたね!
正直つっこみどころ満載なんですが(笑)

まずは泣かされましたあああ!
父と娘ネタがウィークポイントのおこめです。
伊東四朗さん演じる陽造さんと娘の玲子さんとの邂逅のカギとなる思い出の歌が「めだかの兄弟」!
スタッフさんエスプリきいてるなぁー(笑)
でも、これわかる人どれ位いるんだろ(^◇^;)

そしてやはり、原作とはかーなーりー、違いました。福士円ちゃんの設定があれだけ違うので覚悟はしてたけど想像以上の別物感でしたね、、。

そんな中でも陽造さんの娘を想う気持ちとそれに応える円ちゃんっていうのは、辛うじて、名前のくだりの代わりに船上で娘さんの緊急出産に立ち会うっていうエピソードで描いてました。

原作から考えるとキャラ崩壊といってもいい福士円ちゃんでしたけど、ナベシマ亮平さんとの絡みシーンでは、そこはかとなく原作の空気を感じたのは、ナベシマ亮平さんが抜群にカッコ良かったせいでしょうか(笑)はーヤバイ。ドラマでも私のナベシマさん推しに変わりはなかったようです!

ラストシーンが、衝撃的過ぎて、うっかり見落とすとこだったけど、観覧車のシーンはやっぱり来週でした!

週明けにでも、又第2話予想してみたいと思います!

第1話は、福士円ちゃんが、思った以上にcoolで、太凰ちゃんの御御足炸裂にやられて、ナベシマ亮平さんにドキドキして、伊東四朗さんに泣かされた回でした!

うん、とりあえずナベシマ亮平さん見たいから、ドラマはドラマとして楽しもう!と思ったおこめでした!

最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサーリンク
こちらの記事もおすすめ!
こちらの記事もおすすめ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加